Thursday, July 22, 2010

I Caught a Fish

I went fishing with Amanda Raber this past weekend and caught my first fish. It was a baby bass that was too small to filet, so we threw it back. But it was thrilling. We also went to a wine tasting and I got hit on by a gay waiter. I guess I still have what it takes. We got two free glasses of wine out of it. All in all it was good times in Ottawa, Illinois. We also watched a couple movies that I would recommend: The Deep, and The Deep End. Two surprisingly different meditations on the effects of water on the human psyche. On the drive back we listened to Jesus Lizard and Gucci Mane. Now I'm mega-sunburnt.

私はアマンダRaberとこの先週末で魚取りをしに行き、最初の魚を捕らえました。
フィレに小さすぎたのは赤ん坊低音でした。したがって、私たちはそれを後ろに投げました。
しかし、それはスリルがありました。
さらに、私たちはワイン試飲会に行きました。また、私はゲイのウェイターによってぶつかられました。
私は、それがとるものをまだ持っていると推測します。
私たちは、それからワインの2本の無料のグラスを出しました。
概して、それはオタワ、イリノイで好況時でした。
さらに、私たちは、私が推奨する2、3の映画を見ました:
深い、また深い終了。
人間の心理に対する水の影響上の驚くほど異なる2つの黙想録。
駆動においては、後ろに、私たちがイエス・トカゲおよびグッチたてがみを聞きました。
今、私はメガ日に焼けています。

Wednesday, July 14, 2010

There is No Difference Between Webern and Veronica Mars

I was sitting at the piano today and something occurred to me. Consider the experience of listening to Anton Webern. You play one song and a silence overtakes you. You are ready for more. The next thing you know, Webern has taken over your life and you have spent hours by yourself listening to more and more of his music. You have listened to his entire oeuvre, and now you are listening to your favorite works over and over again. Now. Consider the experience of watching Veronica Mars. You check out a couple episodes and see that there is a magic to this world. It is nothing like your world but something about it is true, deep inside you. This is a form of love. When you finish one episode you feel compelled to watch another, immediately. It is that feeling. The feeling has overtaken you and your life stops. The world of Veronica Mars overtakes your own world to the extent that it feels like your own world. Perhaps it becomes your own world. Just like Webern. Years later, you are interested in something else. But the afterglow is still there. Like meeting an old lover you can no longer be with but feel all the old feelings for.

私は今日のピアノで座っていました。また、何かが私に思い浮かびました。
アントン・ヴェーベルンの言うことを聞いた経験を考慮してください。
あなたは1曲の歌を歌います。また、静寂はあなたに追いつきます。
より多くの物の準備ができます。
知っている次のこと、ヴェーベルンはあなたの生活を引き継ぎました。また、時間を一人で過ごしました、聞くこと、に、彼の音楽にますます。
彼の全全作品を聞きました。また、今、好きな作品を何度も繰り返して聞いています。
今。
ヴェロニカ・マールスを見た経験を考慮してください。
2、3のエピソードをチェックし、マジックがこの世界へあることを理解します。
それはあなたの世界のような何ではありません。しかし、あなたの内部で深くて、それについて何かが真実です。
これは愛の形式です。
1つのエピソードを終了する場合、別のものを直ちに見ることを強いられたと感じます。
それはその感覚です。
感覚はあなたに追いつきました。また、あなたの生活は止まります。
ヴェロニカ・マールスの世界は、あなた自身のそれがあなた自身の世界のように感じる程度まで世界に追いつきます。
恐らく、それは自分の世界になります。
ちょうどヴェーベルンのように。
数年後に、他のものに興味を持っています。
しかし、夕焼けはまだそこにあります。
年を取った恋人に会うことのように、あなたはもはやそうでありえません、で、しかし古い感情をすべて感じる、のために。