Friday, December 10, 2010

Lessons: Billy Hart

I'm currently on tour with Wishgift. Spending a long time in the car has led me to think a lot, and in an effort to keep that thinking productive, I've begun recording memories of influential moments from the music lessons of my early youth and college years. Here's a memory from about seven years ago:

私は、Wishgiftで現在ツアーでいます。
自動車で長い時間を過ごすことは私を非常に考えさせました。また、その思考を生産的にしておくために、私は、初期の若さおよび大学年の音楽レッスンからの影響力のある瞬間の記憶を記録し始めました。
ここに、約7年前からのメモリがあります:

In my very last lesson with Billy Hart, I showed him some cyclical motion type patterns I had dabbled in the week before, on my own time. I was about to graduate college, and had low expectations for myself and a general disinterest in jazz drumming on this particular day. Billy was excited about the patterns, perhaps more so than I was. At this point I was more interested in fiction, and was considering moving to Brattleboro, Vermont, to be near a writing mentor and live in solitude so that I could write stories. I explained this in earnest to Billy and he took a long look at me. He was smiling, his eyes fixed on me, while his mind worked. “Well, you can stop playing if you want,” he said. “But you're a very talented musician. And along with that talent comes a responsibility.” And that was all he said. I got a little flustered. I was standing in the doorway and was about to leave. “I don't know what I think of that,” I stammered. And Billy gave me another look—this time it was more of a smirk. “Well,” he said. “At least you're thinking about it.”

ビリー・ハートとの非常に最後のレッスンでは、私は、私自身の時間上で、その週で以前にばしゃつかせたことがあるいくつかの周期的な運動タイプ・パターンを彼に示しました。
私は、大学院へ回りにいて、特にこの日に太鼓を打つジャズに自分および一般的な無関心への低い期待を持っていました。
ビリーは、パターンに恐らくもっと興奮しました、したがって、私がそうだったより。
このポイントでは、私は、フィクションにもっと興味を持っていて、ブラトルバロ(バーモント)へ移動することを書くメンターに近く、私が物語を書くことができるように、孤独に住んでいると考えていました。
私は真面目にビリーにこれについて説明しました。また、彼は私を長く見ました。
彼は彼の心が働いた一方、目が私にじっと向けられて微笑んでいました。
「さて、あなたは望めば遊ぶことをやめることができます」と彼が言いました。
「しかし、あなたは非常に才能のある音楽家です。
また、その才能に加えて、責任ができます。」
また、それは彼が言ったすべてでした。
私は少し慌てました。
私は戸口の所で立っており去るところでした。
「私は、それについてどう考えるか知らない」、私は口ごもりました。
また、ビリーは外観今回私に別のものをくれました、それは単なる作り笑いではありませんでした。
「「よく」」と彼は言いました。
「少なくとも、それに関して考えています。」