Monday, December 20, 2010

Art Tatum's 'It's the Talk of the Town'

I keep coming back to this version of 'It's the Talk of the Town' performed by Art Tatum. I love the strange chords in the intro; how relaxed the tempo and feel are; the lazy, whimsical, drunken affect of the melodies, alternating with the sober and alert, fast and precise runs. Perhaps my favorite moment is at 1:18, where he substitutes the first chord of the last A section with some kind of 1st inversion F chord. Each note is struck so evenly and matter-of-factly, and he passes over it so casually almost as if to draw attention away from it. Yet the chord draws attention to itself--like a subtle but lingeringly beautiful image in a briskly paced slide show. I picture Tatum playing in some bar on a Sunday afternoon to a room dotted with folks whose lives are on pause just for a few hours. And the song means something completely different to each one who hears it.

私はこのバージョンに戻り続けます、の「それはトーク・オブ・ザ・タウンです」アート・テイタムによって上演されました。
私は、イントロ中のその奇妙な弦を愛しています;
どのように、速さを緩めて、感じる、である;
怠惰、異様、酔っている、影響する、メロディーの、交替、で、冷静、そして警戒、速く正確な走行。
恐らく、私の好きな瞬間は1:18にあります。そこでは、彼は、ある種類の第1の転換F弦を備えた最後のAセクションの最初の弦を代用します。
ノートはそれぞれ、非常に平等に問題のfactlyに打たれます。また、あたかもほとんど注意をそれから遠ざけて引くかのように彼はそれを非常に偶然通ります。
しかし、弦はそれ自体に注意を引きます -- 活発にゆっくり歩かれたスライドショー中の微妙であるが、ぐずついて美しいイメージのように。
私は、その生命がちょうど数時間休止上にある人々と点のある部屋へあるバーの中で日曜の午後にテータムが演奏するのを想像します。
また、歌はそれを聞く各人と完全に異なるものを意味します。


0 comments:

Post a Comment

Newer Post Older Post Home