Thursday, November 18, 2010

One of the Weirdest Dreams I've Ever Had

I was at a students house, and was about to commence a lesson. The student came and sat down on the drums, and her mother was in the room with us. Her brothers and sisters were also my students and were in the room as well. The lesson commenced. Suddenly we were at the Harold Arts Residency, lying on the ground. And a giant upside down burning cross with a man attached to it was falling on top of us. I noted to my students that this man was Jesus, then noted to myself that it was probably not a good idea to tell them that. We were pinned down but somehow protected from the fire. Jesus was suddenly a burning, writhing dog. Above the cross was a giant wooden frame of a cart. In the cart there were many other dogs--evil, satanic looking beast-dogs--snapping and growling, trying to get at us but barely blocked by the burning dog, who was shrieking in pain. I found myself thinking, oh my, if this is the lesson for today, I don't think the mother of these students will be happy. I think I am going to lose these students. Then the cross stopped burning, the dog was dead. And we freed ourselves from underneath the cart. We stood watching. The front door to the cart swung down, and all the satanic beast dogs exited the cart. Some of them paused to look at us. They had piercing, glowing white eyes, and some had jewels peppering their backs. They dispersed down the dirt path and into the woods of Harold.

私は学生ハウスにいて、レッスンを始めようとしていました。学生は来て、ドラムスに座りました、そして、彼女の母は我々と部屋にいました。彼女の兄弟と姉妹は、私の学生でもあって、同様に部屋にもいました。レッスンは始まりました。突然、我々はハロルドArts Residencyでいました。そして、地面にありました。そして、それに付けられる男性と一緒の巨大なさかさまの燃えている十字架は、我々の上で落ちていました。私は、私の学生にこの男性がイエスである点に注意して、そして私自身に、彼らにそれを話すことが多分良い考えでないだろう点に注意しました。我々は識別されたが、火からどうも保護されていました。イエスは、突然燃えている、のたうっている犬でした。上で、十字はカートで巨大な木のフレームでした。カートにおいて、多くの他の犬 ― 凶悪な、悪魔の見ている獣-犬 ― が噛みついて、うなっていました。そして、我々に達しようとしていたが、燃えている犬によってかろうじてブロックされました。そして、その人は痛みで悲鳴をあげていました。私は、私自身が考えているのに気づきました∥ああ私、これが今日の間のレッスンであるならば、私はこれらの学生の母が幸せであると思いません。私は、私がこれらの学生を失うつもりであると思います。そして、十字が燃えるのを止められて、犬は死んでいました。そして、我々は我々自身をカートの下にから解放しました。我々は、見ていて立っていました。カートへの前のドアは下に揺れました、そして、すべての悪魔の獣犬はカートを出ました。彼らの一部は、我々を見るために休止しました。彼らは刺し通す、熱烈な白い目がありました、そして、いくつかは彼らの背中に浴びせている宝石を持っていました。彼らは、ほこり経路の下で、そして、ハロルドの木に散らばりました。