Thursday, October 28, 2010

Oktoberfest

October was an eventful month for the champagne of bands. We completed a twenty day US tour, recorded a second full-length album, filmed two new episodes of the video tour blog, and were joined in Philadelphia by Marshall Allen. By the end of the tour, the band had both feet firmly planted in a new sound, one driven by extremes of energy and dynamics, and most importantly, a prioritization of fun.

10月はバンドのシャンペン用の多事な月でした。
私たちは20日の米国旅行を終えて、別の短縮していないアルバムをレコーディングし、ビデオ旅行ブログの2つの新しいエピソードを薄膜で覆いました。また、マーシャル・アレンがフィラデルフィアで加わりました。
旅行の終了までに、バンドは、新しい音、エネルギーと力学に、および最も重要なことには極端によって運転されたもの、楽しみの優先順位の中で両方の足を堅く設けました。


One of the things I have come to treasure about HighLife is the refusal to rule out any musical influences for the sake of aesthetic control. There is a free flowing sonic identity that really breathes, lives and changes with our lives. Each member brings his own unique repertoire of tastes to the table, which are woven into Jason's kaleidoscopic sets. (In our vehicles and the stereos we encounter on the road, we congregate around recordings by the likes of Stan Rogers, Lee Hazlewood, Elizabeth Cotten, Roy Orbison, Gucci Mane, and others.) It is the collective enthusiasm for the spirit of all of this music, and our own music, that often seems to fuel our work. And it seems that the further we move in this direction, the more the enthusiasm grows. The music is everyone's and no one's, here and then gone. Below is a little video snippet of our final show in NYC:

HighLifeに関して蓄えるために私が来たもののうちの1つは、審美的なコントロールのためのどんなミュージカル影響の除外に対する拒否です。
私たちの生命で実際に呼吸し、生きており、変わる自由ななだらかな音の同一性があります。
メンバーはそれぞれ、テーブルに彼自身の味のユニークなレパートリーを持って来ます。それはジェーソンの万華鏡のセットへ織ってあります。
(私たちの乗り物、および道路で遭遇するステレオでは、私たちは、スタン・ロジャーズ、リーHazlewood、エリザベスCotten、ロイ・オービソン、グッチたてがみ他のような人による録音のまわりで集まります。)
それは、この音楽のすべての精神への集合的な熱意および私たち自身の音楽(それはしばしば私たちの作品をあおるように見える)です。
また、私たちがこの方角にさらに動く(熱中がより多くになるほど)ほど、それはそれに見えます。
音楽は皆のです、そして人はない、そして次に、ここに行く
下記はNYCで私たちの最終ショーの少しビデオの断片です: