Thursday, August 26, 2010

Being A Ghost

I was thinking not long ago about what it is to be very self conscious and focused on other people's thoughts about oneself. It is kind of a disembodied feeling, like you are floating around outside of yourself and into other people's minds. You can still express kindness and love to people, but it is from a sad place, not from a joyous place, because you are disembodied, incomplete and unfulfilled, and therefore feel lesser than everyone else.

In this sense, it is like being a ghost. I wonder if ghosts can be thought of as metaphors for living people who are not grounded within themselves and are floating mournfully about the rest, inhabiting the imagined thoughts of others rather than themselves.

私は、最近、非常に自分で意識的で、自分に関する他の人の考えに集中することが何であるかについて考えていました。あなたがあなた自身の外側に、そして、他の人の心に広まっているように、それは実体のない感覚で親切です。あなたは親切と愛を人々にまだ表明することができます、しかし、あなたが実体のなくて、不完全で果たされていないので、それは、楽しい場所からでなく、嘆かわしい場所からあります、したがって、感じが他の皆より小さいです。この意味で、それは幽霊であるようです。幽霊が心の中で地上に釘づけにされないで、残りについて悲しんで浮いている生きている人々のための比喩とみなされることができるかどうかわからない。そして、彼ら自身よりもむしろ他の想像された考えに居住します。

0 comments:

Newer Post Older Post Home