外壁塗装で使用されている塗料の安全性の確認方法

技術に伴い、最近では合成樹脂を原料とした塗料が主流となっております。
さまざまな機能や、耐久性を持った塗料が次々に発売されておりますが、その反面で化学物質過敏症やシックハウス症候群などの化学物質を原因とした健康被害が問題になってきているのをご存知でしょうか。

外壁塗装の塗料にはシックハウス症候群の原因物質であるホルムアルデヒドが含まれています。
そこで塗料缶にはF☆☆☆☆(フォースター)といたものが記載されており、これは建築基準法規制対象建材ホルムアルデヒドの放散量の程度について示されています。
F☆☆☆☆は放散量がゼロか微小なもので☆マークが少ないほど、放散量が多くなります。

外壁塗装での健康被害が気になる方は、ぜひF☆☆☆☆について気にしてみると良いかもしれません。

Comments are closed.