アスベストから身を守る為に

アスベストとは、天然にできた鉱物繊維の事で「せきめん」「いしわた」とも呼ばれています。
このアスベストについては、健康に良くない物として広く知られていますが、実際にどの様な害があるのでしょうか、また、被害に遭わない様にする為には、どうすれば良いのでしょうか。

◆アスベストによる健康被害
アスベストは、呼吸する事で体内に取り込まれ、様々な障害を引き起こします。
厚生労働省においても、アスベストが原因で発症する疾患として以下の3つを上げています。

①石綿(アスベスト)肺
②肺がん
③悪性中皮腫

ただし、これらはすぐに症状が出るのではなく、長年かけて発症に至るという点に注目が必要です。

◆アスベストによる被害に遭わないために
住居にアスベストが含まれているか否かについては、建築年とアスベストに係る法律の内容により、ある程度は判断する事ができます。

〜1974年:法律なし
1975年〜:含有率5%超えの施工が禁止
1995年〜:含有率1%超えの吹付が禁止
2006年〜:含有率0.1%超えの製造、輸入、使用が禁止

上記の様に、1975年以前に建築された物は、高い確率でアスベストが使用されていると思われますのでご注意ください。

◆アスベストに関する補助金
アスベストを扱う仕事をしたり、アスベストを含む住居に住んでいた事で、健康被害に遭ってしまった。また、今住んでいる建物からアスベストを除去したい。という方の為に、国や地方自治体も補助金制度を設けています。
十分な治療を受ける為にも、症状を発生させない為にも、もしもの場合には、勤務先や役所に相談の上、申請手続きを行いましょう。

Comments are closed.